東京2020オリンピックで見た日本代表選手の腕元

感動をありがとう! アスリートが競技中に身につけるスポーツウォッチは何倍にも輝いて見える。

東京2020パラリンピックの開催が迫るなか、筆者は約2週間前に幕を閉じた東京2020オリンピックに、文字通り目を奪われている。記事「東京2020オリンピックで見かけた腕時計たち コーチや選手の手首を飾ったのはどの時計?」でも大会期間中に見ることができた時計の一部を紹介しているが、筆者が目を皿のようにして探していたのは、日本代表選手が競技中に身につけていた腕時計だ。

競技中に腕時計をつけることができるスポーツは限られている。そのため、数はそれほど多くないし、モデルを特定できないものも少なくなかったが、筆者の目に止まった時計のいくつかを紹介する。

オメガ シーマスター 東京オリンピック2020 世界限定2020本 522.33.40.20.04.001

カテゴリ オメガ シーマスター(新品)
型番 522.33.40.20.04.001
機械 自動巻き
材質名 ステンレス
ブレス・ストラップ ストラップ
タイプ メンズ
カラー ホワイト
文字盤特徴 アラビア
外装特徴 シースルーバック
回転ベゼル
ケースサイズ 39.5mm
機能 デイト表示
ヘリウムガスエスケープバルブ
耐磁
オメガが2020年の東京オリンピックのオフィシャルタイムキーパーを務める事を記念して、世界限定2020本で作られた【シーマスター 東京2020 リミテッドエディション】。
日本の国旗からデザインされた日の丸秒針が可愛らしいモデルで、裏蓋のサファイアクリスタルガラスには五輪マークと東京2020のエンブレムのプリントが施されています。
ムーブメントにはマスタークロノメーターのキャリバー8800を搭載します。

スーパーコピー時計

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です